実になじむッッーー!!
切実に痩せたい…
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
持て余し
小説を読んでいると、
例えがすごいなって思う。

一つの単語にものすごい数の修飾語。


空。

どんな空?

青空。夜空。曇り空。
雲ひとつない空。一面雲だらけの空。
今にも吸い込まれてしまいそうな真夏の青い空。


修飾に修飾を重ねていくことで、
色んなことが固められて。
抽象的が具体的になっていって。

物語が進んでいく度に新しい情景やら人物やらストーリーが与えられて、
本だけでなく同時に頭の中でも物語の世界が進んでいく。

時にはストーリーを予想しちゃったりなんかして。
こいつだったらこういうこと言いそうとか思っちゃったり。

そんな事考えながら、気づいたら読み終わってて。
ものすごい集中力を発揮していたわけで。

これが本を読む面白さってやつのなか。
気づくのに21年かかった(笑)

小学生の時に気づいていれば、
夏休みに楽しく本を読んでいたっていうのに。。


夏休み恒例の読書感想文。

夏休みの終わりになるまで本を読まない。
急いで本を読み出すも終わるわけもなく。

結局、あらすじと最後の章だけ読んで感想を書く。
差し障りのないように適当に。
いかに間違わず知ったか振るか。

きっと先生にはバレていたであろう。
どう考えたってこいつは本を読んでいないなと。


いやはや、小説って面白いですね。
ありがとう。夏休みに旅行に来た文庫本たち。
スポンサーサイト
しらす
しらす。

生しらす。

どんぶりいっぱいのご飯の上に。

これまたしらすを大量に乗せて。

醤油と大根おろしをぶっかけて。

がっつく。


アワビ。

七輪の網の上に置きまして。

醤油をかけ、バターを乗せまして。

じっくり焼きます。

焼けたら包丁で切らずに、そのままかぶりつく。


あぁ、贅沢の日は近い。
蹴散らせブヨ共!!
今日は憎きブヨブユについて考えてみます。
特に多摩キャンのブユについての考察。
前のブログで書いた気もするけど、もう1回(笑)

<基本データ>
・体長は3mm~5mm。
・黒く小さい。
・蚊と違い、皮膚を 「刺す」 のではなく 「噛み切る」。
・何故か、腕でなくスネやモモなど足が狙われる。
・刺された直後は、あまり腫れず血が出る。
・蚊の場合、痒みはすぐに来るが、ブユの場合、ちょっとしてから猛烈な痒みに襲われる。
・噛まれた場所は熱を持ち、皮膚がパンパンになる。
・すんげー痒い。痒みが痒みを呼ぶ。

ブユの説明
(写真は懐かしき小学館の昆虫図鑑から拝借w)

写真に写っているブユと多摩キャンに生息するブユは、
恐らく種類が違うのではないかと思う。
形は似ていると思うので参考にでも。

多摩キャンに生息するのはアシマダラブユっぽい。
ここをご覧ください。

<対策>
何が何でも刺されないこと。
足は露出してはいけません。
刺されたら終了です。
痒くて痒くて掻きまくり、結構痕が残るので、
お肌を綺麗に大事にしたい方は足を露出しないようにしまひょ。

<対処>
刺されたら、冷やすか医者に行くのがいいそうです。

俺の場合は慣れっこなので、ムヒアルファSで耐えます。
でも、大抵は耐えられません(笑)

そんな時は、刺された場所の周辺をかきむしります。
あくまでも刺された場所はかきません。
出来る限り周辺。
それで乗り切ります。

<最後に>
ブヨは水の綺麗な所に生息するそうで。
多摩キャンは綺麗だって事を証明してますが、
何もブユで証明してくれなくても(笑)


ブユ駆逐=自然破壊


という構図に今気づいてしまったので、
仲良く共存していくしかなさそうです。
皮肉なもんです。

頑張りまひょ。
ヘルプのオフィシャルに謎の画面。

「ブラックウォーム」

「セキュリティソリューション」

やら謎な言葉の羅列。

そのためにプログラムをDLしてくださいだと。



罠や



新手の詐欺ですよ。
表示されたら気をつけましょう。
ギガヤバス
最近、やばいもの。


「Happy!」以来の相武紗季全般。

ガスパッチョの小野妹子。

預金。

ウイイレ8のメッシ。

GWの過ごし方。

諸々。


特に小野妹子はやばいね!
キュンキュン~。
やさしさに包まれたなら
小さい頃は

神様
 
がいて

不思議に夢を叶えてくれた

神龍





ありがちか・・・。
ポーションを飲んでみたい
巷で話題のポーション。
飲んだことないけど想像を絶するらしい。

そんな折、横浜の成城石井でジンジャエールを買う。


炭酸系しょうが汁




>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。